みなかみ美容室は埼玉県さいたま市南浦和のベルジュバンスサロンです。

ベルジュバンス|みなかみ美容室
ベルジュバンスについて
ベルジュバンスとは?

みなかみ美容室では、パーマ液やカラー剤などはすべて、弱酸性ベルジュバンスを使用しております。


それが、お客様の髪と頭皮の健康を第一に考えたみなかみ美容室の答えです。


ベルジュバンスは弱酸性の薬液ですので、単に髪を痛めないということだけでなく パーマやカラーをすることで、みずみずしく健康な髪や頭皮を実現します。


一般的に美容室で使用されている薬液はアルカリ性のものがほとんどです。


そのアルカリ性が髪や頭皮に負担をかけてしまいます。


pHとは?

髪や皮膚は元々弱酸性に保たれています。


それは適度に皮膚をひきしめ、殺菌作用でばい菌から体を守る為です。


だから弱酸性を保つという事が皮膚や髪の毛の健康を守るために必要なんです。


逆に皮膚や髪の毛にアルカリ性のものを付けるとたるみと腐敗が起きます。


美容室で髪が傷んだ経験がある方は多いと思いますが、それはこの二つの作用が原因の1つです。


酸性とアルカリ性がタンパク質(髪や頭皮)に対して、どのように作用するか見てください。


  * 画像をクリックすると拡大表示します。

ファーストステップ

卵の黄身を弱酸性ベルジュバンスのパーマ液と一般的なアルカリ性のパーマ液にそれぞれひたします。


卵の黄身は人間の皮膚や髪の毛と同じタンパク質でできています。


セカンドステップ

薬液を入れた瞬間


ベルジュバンスの方が酸性の収れん(ひきしめ)作用によってやや小さくなり
アルカリ性の方は膨潤(たるみ)作用でやや平べったくひろがります。


これが頭皮や髪の毛でも実際に起きる反応です。

頭皮のたるみは顔のシワにも影響してしまいす。

顔のシワをケアするためには、まず頭皮からのひきしめが大事なんです!


サードステップ

5分後


アルカリ性の方はすでに腐敗が始まっています。

ベルジュバンスは殺菌作用と収れん作用でツヤがでています。


ラストステップ

20分後


一般的にパーマをかける時におく時間が経過するとアルカリ性の方は完全に色が変わり腐敗が進んでいます。

これが、いわゆる「傷んだ」状態です。

ベルジュバンスは変わらずツヤツヤです。


このように、酸性とアルカリ性は皮膚や髪に対して正反対の性質をもっています。


ベルジュバンスは髪を傷めない、アルカリ性では傷むということだけでなくアルカリ性の薬液も傷みはしますがデザイン性が高いのも事実だと思います。


どちらの薬液を選ぶかはお客様が決めることですが、一度ベルジュバンスをお試しいただけたら嬉しいです。


パーマやカラーの他にもヘアエステがあります。


毛穴の汚れを落とし、さらにデトックス効果も高い頭皮のエステです。

気持ちいいですよ!


男性にもおすすめです!

毛穴にはシャンプーでは落ちない汚れがけっこう付いています。

それが、薄毛の原因になることもあります。


薄毛が気になりだしたら、まずはヘアエステで毛穴を洗いストレスをフッ飛ばしましょう!


仕様前の薬液

ヘアエステで使用する前の薬液です。
無色透明


この薬液で頭皮を洗浄していきます。


使用後の薬液

ヘアエステ終了後の薬液


頭皮の汚れと体内の老廃物が排泄され薬液が白く濁ります。

この時濁りが強ければそれだけたくさん排泄できたという証拠!

スッキリしますよ。是非、お試しください。